脱線 ひとりごと ケイトスペードの遺書が辛すぎる

  ケイトスペードの遺書の内容

1993年にブランドを立ち上げ瞬く間に成功をおさめたケイトスペードさんの自殺のニュースにはとても衝撃を覚え、また掃除婦さんが彼女のベッドルームで遺体を発見しまだ解剖が住むまで死後どのくらい時間が経過しているのかもまだ判明しておらず、ブランド設立時からのパートナーであり夫でもあったアンディ・スペード氏も自宅にいた点、(同じ家ではなく近所のアパートメントだったとのちに判明)そして13歳の娘さんが登校中だったという内容にまたショックを受けました。遺体とともに遺書があったということでしたが、だんだん内容が明るみになってきました。

“脱線 ひとりごと ケイトスペードの遺書が辛すぎる” の続きを読む